『ヒマワリとルリタマアザミの夏花の取合せ』の作り方 ~うきうき花レシピ

作品のテーマ

インテリア レッスン /『ヒマワリとルリタマアザミの夏花の取合せ』の作り方

近藤先生より

夏の代表的なお花を香りの良いハーブミックスでまとめたアレンジです。

難易度

★★★☆☆

材料

作り方

STEP.1

近藤先生「花材です。左から マリーゴールド、ケイトウ、ヒマワリ、ルリタマアザミ、ハーブ になります。」

STEP.2

近藤先生「こちらの取ってのある木のバケツを器にしたいと思いますが、水がもれてしまうので、中にガラスの花器を入れてみました。偶然にもピッタリサイズ! 」

STEP.3

近藤先生「花留めにアルミワイヤーを使います。 アルミワイヤーをくしゃくしゃとします。」

STEP.4

近藤先生「中に入れます。 少し上に出るくらいでいいでしょう。」

STEP.5

近藤先生「ハーブの半分くらいをまずは入れます。 今回使っているハーブは、今年から販売の産地さんおまかせハーブミックスなので、何が入っているかはその時次第となります。
どれも香り良くお楽しみ頂けると思います。」

STEP.6

近藤先生「マリーゴールド、思っていたより大きいです。ビックリ!  では、大きな花材から入れていきましょう。」

STEP.7

近藤先生「マリーゴールド 2本 を入れました。 この大きさなら2本で十分かと思います。 小さいときは3本とか増やすして対応しましょう。」

STEP.8

近藤先生「次にメインとなるヒマワリです。 今回はマロンという品種を使ってみました。 入荷によっては、ライチや八重のヒマワリなどにしてもいいでしょう。
マリーゴールドとヒマワリ、グルーピングして入れる方が全体のバランスがいいと思います。」

STEP.9

近藤先生「ケイトウは少し低めにします。全体を支えるイメージでしょうか。
ルリタマアザミ ベッチーズブルー 綺麗なパープルブルーで色の引き締め効果があります。 この時期、人気のお花です。」

STEP.10

近藤先生「残りのハーブも入れて、全体を整えたら完成です。」

 



PAGE TOP