うきうき花レシピ 『夏のインテリアリース』

夏のインテリアリースの作り方

 

 

作品のテーマ

夏 レッスン インテリア/『夏のインテリアリース』

近藤先生より

ベースを乾いた素材で作り、試験管を付けます。
ワンポイントに生花やグリーンを飾ると涼しげです。
また、試験管を外してリボンに替えたり、実物を付け替えたりすることによって、季節を問わず楽しめます。

難易度

★☆☆☆☆

 

材料

お好きな花材  数本
————-資材————
らくらくつるベース【レシピ使用品】  1個
杉ごろも 生成り【レシピ使用品】  1個
試験管【レシピ類似品】  1~数本

作り方

STEP.1

画像【花材準備】
近「『杉ごろも』、以前使いましたがテープやのりが使えず、思ったように使えなかったので、今回はリベンジでもあります。^^」

STEP.2

画像近「前回、裂けやすいことが分かったので、裂いて使ちゃいましょう!」
濱「なんか、楽しいですね。」

STEP.3

画像30㎝くらいの長さにまず切って、それから裂きました。

STEP.4

画像裂いた『杉ごろも』は、リースに入れ込みます。

STEP.5

画像詰め詰め…あるだけ詰めました。
下準備は完了です。

STEP.6

画像飾りつけバーション①≪冬・クリスマス≫
近「イベント向けのリボンを付けることで、どの時期にも対応できます。」

STEP.7

画像飾りつけバーション②
近「ドライの実物も素敵に飾れます。」

STEP.8

画像飾りつけバーション③≪夏≫
ドライになる花材をそのまま付けても、エアプランツなどを飾ってもOK。

STEP.9

画像飾りつけバーション④
試験管を花器にして、1、2本のお花や葉物を付けるのも合うと思います。

STEP.10

画像こんな感じです。
いかがでしょうか。

STEP.99

画像夏のレッスンに。
暑くても、楽しみながら作って頂くアレンジです。

作成2016/6/28

この花レシピが気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです♪

PAGE TOP