うきうき花レシピ 『香りのパープルテーブルアレンジ』

香りのパープルテーブルアレンジの作り方

 香りのパープルテーブルアレンジ

 

作品のテーマ

春 /『香りのパープルテーブルアレンジ』

近藤先生より

春の香りの紫系の花を集めた、テーブルアレンジメントです。
受け皿を使って、ホリゾンタルスタイルで低くいけます。
ラウンドでもレッスンが可能です。
花をあまり詰めすぎずに、ふわっと仕上げるのがポイントです。
雪柳を加えることで、『和』なアレンジになります。

※予算:3名で約10,000円のレッスン花材です。

難易度

★★★☆☆

 

材料

作り方

STEP.1

画像スポンジを1/4にカットします。

STEP.2

画像スポンジの面取りをします。
(約12センチのプレートにのせました。)

STEP.3

画像【花材準備】
近「あれ、紫式部(スイトピー)がない!。」
花「このスイトピーは…。」
近「これは紅式部。ちょっとイメージが変わりますが、代品としましょう。」

STEP.4

画像近「グニユーカリを使って、形をとっていきます。左右は長めにします。」

STEP.5

画像ひし形を基本とします。
グニユーカリを入れるとき、テーブルに付くくらい下向きに挿します。

STEP.6

画像メイン花材のチューリップを中央に入れます。
濱「グニユーカリが下向きなの、分かりますか?」

STEP.7

画像左側に見せる花(チューリップ、フリージア)と、ラインで入れる花(スプレーストック、スイトピー)で分けてみました。

STEP.8

画像グニユーカリの上に、ラインの花を入れます。

STEP.9

画像近「スプレーストックとスイトピーを使います。
左ストック、右スイトピーと半分で分けると変よね。だから、少し混ざるように入れましょう。」
濱「スイトピーも色々種類ありますよね。」
近「今回使う式部は、2色になっていてお得感あるでしょ。」
花「どちらの色も楽しめます。」

STEP.10

画像1点構成です。
近「チューリップから入れてみましょう。チューリップは首伸びてくるから長く入れないでね。」
濱「長すぎた。」
近「横向きに挿してもいいね。」

STEP.11

画像中心から先端の花まで、流れるような繋がりを大事に挿しましょう。
近「中心ラウンドそこから足が出るような、タコさんの形にしないでね。」
濱「タコさんになりそうでした。」

STEP.12

画像横から見ると、なだらかな山の形になっているのが分かります。

STEP.13

画像全体に入れていきます。。

STEP.14

画像花の間にグニユーカリを入れて、空間を埋めます。

STEP.15

画像雪柳が入ると春の芽吹き感がプラスされ、全体の雰囲気が良くなります。
濱「和洋な感じで、どんなお部屋にも合いそうです。」

STEP.99

画像春の香りの花レッスン。
パープルでオシャレな空間を演出してくれます。

※レッスン中のスイトピーは紅式部を使用してます。
(紫式部の代品として使用しました。うきうき花レシピでは、紫式部とします。)

2016年1月の花レシピ

この花レシピが気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです♪

PAGE TOP