アジサイのスクエアリース

アジサイのスクエアリースの作り方

 アジサイのスクエアリース

 

作品のテーマ

うきうきビギナーズ/『アジサイのスクエアリース』

≪うきうきビギナーズとは…≫
初心者向き、季節のお花を使った簡単アレンジを掲載。
使用するお花の特性なども紹介しています。
なるべく使用する花器も同じものを使っていきたいと思います。

近藤先生より

初秋に向かって、少しづつセピアな色も良くなってくるころです。
しかし、まだまだ暑い時期ですので、なるべくスポンジを使わずにお花を持たせたいところです。
アジサイは、水揚げが悪いものですが、茎を短く使うと意外と長く楽しめます。
今回は、スクエアの容器を使って四角いリースにします。

難易度

★☆☆☆☆

 

材料

作り方

STEP.1

画像【花材準備】
近「とても簡単にリースを作る方法を考えてきました。
それもスポンジを使わずに、水に直接つけることが出来る方法なんです。」
徳「夏場はとくに直接水につけたいですよね。」

STEP.2

画像近「四角の花器や調理で使うバットなどを用意します。
そこに、ワイヤーで花留めを作ります。
ここで、四角であることがポイントになるのです。」

STEP.3

画像徳「四角だから、ワイヤーが留まるのんですね。」
近「そうです。
丸だと、このように出来ないでしょ。」

STEP.4

画像ちょっとセロテープで留めればバッチリ!

STEP.5

画像縦横4方向。
だいたい4~5センチほどの幅でワイヤーを付けます。

STEP.6

画像アジサイを小分けにします。

STEP.7

画像小分けにしたアジサイを花器とワイヤーの間にのせるだけです。
近「とっても簡単でしょ(^^)」
徳「アジサイは水揚がりが悪いですからね。直接水に付けられるといいですよね。」
近「水にしっかり付けてあげると、持ちが良いです。」

STEP.8

画像近「2色のアジサイを使ってみました。」
濱「あ~これだけでも素敵。アンティークアジサイ、可愛い!」
徳「花器の色もピッタリ!!
近「花器の色が見えるから、花器を選ぶ時はちょっと考えた方が良いかな。」

STEP.9

画像リースに飾りをのせましょう。
近「グリーンの色で合わせた飾りを考えてみました。」
ビバーナムコンパクタと青リンゴ。

STEP.10

画像それから、野ブドウのツル。
徳「この蔓と葉の形がオシャレ度アップですね。」
近「もうこれで、完成です。」
濱「簡単で、可愛い…。」

STEP.99

画像中にキャンドルを立てたり、フローティングキャンドルを浮かべても素敵!!
アンティークアジサイのピンクパープルがとっても素敵!!

アジサイは、とても水揚がりが悪いですが、花全体を水に付けると復活したりする、とても水が大好きなお花です。
できたら、水たっぷりのアレンジを考えて下さいm(_ _)m

この花レシピが気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP