黄色いバラのリース(母の日)

黄色いバラのリース(母の日)の作り方

 黄色いバラのリース

 

作品のテーマ

うきうきステューデント(母の日)/『黄色いバラのリース』

≪うきうきスチューデントとは…≫
花教室のレッスン向きレシピを掲載。
予算も計算されています。(時期により金額、ボリュームが変動しますので、参考として下さい。)

近藤先生より

初夏のバラを使ったリース。
STバラ、SPバラをミックスして挿してもいいですが。
グルーピングさせて少し個性的にしてみましょう。
母の日の贈り物などにいかがでしょうか?

3人で約10,000円の予算です。

難易度

★★★☆☆

 

材料

作り方

STEP.1

画像【花材準備】
近「この時期カーネーションが高騰するので、バラを使ってみてもいいかな。
もちろん、バラの値段も上がってきますが…レッスンでしたら、その前に使うのもいいですね。」

STEP.2

画像まずは、リースベースとアイビーを準備します。

STEP.3

画像ワイヤーでUピンを作っておきます。

STEP.4

画像アイビーをUピンを使ってリースベースに付けます。
近「ここはリースの土台作りの基本かな。しっかり覚えておきましょう。」
濱「確かに、何回もやっていますね。」

STEP.5

画像近「お花も入るので、アイビーで埋める必要はありません。
2本くらい使えばいいかな。」

STEP.6

画像大きな花から入れていきましょう。
近「STバラはこのくらいの長さで切ります。」

STEP.7

画像★長さの調整
近「茎の長さを合わせるのではなく、全体の長さで合わせます。」
濱「大きな花の方が、茎は短くなるわけですね。」

STEP.8

画像花を挿します。
近「リースを作るときは、一方向に流れて行くように花向きを合わせます。
だからといって、一列に並べる訳ではないですよ。
内側、外側、上と色々なところに挿しましょう。」

STEP.9

画像近「花の高さを合わせる為に、大きな花は花首までしっかりと挿します。」

STEP.10

画像近「今回は、少し個性的にしてみましょう。」
濱「どうするのですか?」
近「グルーピングをさせてみたいと思います。
花の部分とグリーンの部分に分けます。」

STEP.11

画像近「分けるといっても、真っ二つにイエロー×グリーンにしないで下さいね。」
濱「そうなんですか?」
近「SPバラを使って、徐々にグリーンにする感じです。」

STEP.12

画像ヘデラベリーを入れます。
もう1本アイビーを入れます。

STEP.13

画像母の日レッスンとしましたが、父の日レッスンでも良いかも(^^)

STEP.14

画像りぼんを作って飾りましょうか(^^)

【リボンの作り方】
①輪を作ります。

STEP.15

画像②くるりとし、表を出します。

STEP.16

画像③片側に輪を作ります。
しっかりと指で固定しておきましょう。

STEP.17

画像④くるりとし、表を出します。

STEP.18

画像⑤反対側にも輪を作ります。

STEP.19

画像⑥くるりとし、表を出します。

STEP.20

画像⑦下にも輪を作ります。
この部分を半分に切ってりぼんの下の部分になります。

STEP.21

画像⑧手で持つ部分を残して切ります。

STEP.22

画像⑨手で持っている部分をワイヤーで留めます。

STEP.23

画像⑩下の部分を半分に切ります。
リボン完成。

STEP.24

画像素敵なリボンを付けて、完成です。
黄色でもクリーム系や淡い色を選んで、優しい色あいに。
やさしいママへのプレゼント♪
※母の日 バラを探そう♪

この花レシピが気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP