バラと初夏の枝物の花束

バラと初夏の枝物の花束の作り方

 バラと初夏の枝物の花束

 

作品のテーマ

インテリアフラワー/『バラと初夏の枝物の花束』

近藤先生より

バラと初夏の芽吹きの枝物をあわせた季節感たっぷりのブーケです。
キバデマリを飛び出させて使うのがオススメです。

難易度

★★★★☆

 

材料

作り方

STEP.1

画像【花材準備】
近「大きめな花束を作ってみましょう。
『ザ・初夏』の取り合わせですね。」

STEP.2

画像バラは葉、棘を取りましょう。
キデリマリは、切り分けて、余分な葉をとします。

STEP.3

画像近「ビバーナムは長さをみてどこで切るかを考えましょう。」

STEP.4

画像近「今回は、この部分でいきましょうか。ギリギリの長さになりますが…」

STEP.5

画像近「切りました。」
徳「この方が水上がりがいいんですよね。」
近「そうそう、木質のところは水が上がらないのよね。」
徳「土に生えているときはちゃんと水が通るのにね。」
濱「不思議ですね。」

STEP.6

画像まずは、グリーンで土台を作ります。
近「ビバーナムで花が留まりやすい空間をつくります。」

STEP.7

画像中の方に、花を入れていきましょう。

STEP.8

画像花留めになるビバーナムを増やします。

STEP.9

画像近「腕を下げて全体を見て入れましょうね。」
濱「こんな風でしょうか?」
近「そうそう。
今回はグルーピングしてもしなくでもOKです。
同じ仲間のような色なので(^^)」

STEP.10

画像近「ツルバキアも入れてね。他の花より、ちょっと高めでいいかな。」

STEP.11

画像徳「濱野さん、ボールのように丸くなっているよ。」
濱「う~ん、なんでだろう?」

ここで先生にバトンタッチ!
近「ビバーナムの丸さが強調されているような丸さですね。」
濱「よろしくお願いしますm(__)m」

STEP.12

画像まずは、ゆったりと持ち替えて直しましょう。
近「外に入れた宿根スイトピーの向きが逆かな。
もう少し長さも伸ばして、ゆったり入れてみましょう。」
濱「先生が手直しすると、キュッと締まりすぎていた花束が、大きく広がっていくわ。」
近「回しながら、広げながら直します。
ほら、一つ一つの花が良く見えるようになったでしょ。」
濱「うんうん、綺麗になりましたね。」

STEP.13

画像ラフィアで縛って完成です。
近「ゆったりと初夏の風が流れるような花束ですね。」

STEP.14

画像春小花が多い時期の終わったこの季節は…
花材の種類が少ないので、色のバリエーションで変化をつけてアレンジしましょう。
こちらのレシピは、そんな提案をさせて頂きました。(今年は、紫バーション)

この花レシピが気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP