ムスカリとポリクロマのイースターリース

ムスカリとポリクロマのイースターリース

 球根ムスカリを使ったイースターリース

 

作品のテーマ

イースターデコレーション/『球根ムスカリを使ったイースターリース』

近藤先生より

ナチュラルなイースターリースを作ってみましょう。
球根をタマゴにみたてて楽しくアレンジします。

難易度

★★★☆☆

 

材料

苔パック  1.5パック
球根つきムスカリ  3本
球根つき原種系チューリップ ポリクロマ(白×黄)  4本
ウンリュウヤナギ  3本
アイビー  3本
リースベース(20cm)  1個
糸ワイヤー  適量

作り方

STEP.1

画像【花材準備】
近「球根付きの花材を使って、イースターリースを作ってみましょう。
球根がタマゴみたいでかわいいでしょ(^^)」

STEP.2

画像リースの土台に苔パックをのせましょう。

STEP.3

画像糸ワイヤーや、ワイヤーでUピンを作って留めましょう。

STEP.4

画像近「だいたい苔パック1.5個くらい使ったかな。」
濱「はい、そうですね。」

STEP.5

画像濱「そのまま、糸ワイヤーを使って、付けていけばいいですか?」
近「クリスマスリースを作るように、くるくると花材を付けていってください。」

STEP.6

画像濱「リースの半分くらいには、ポリクロマを並べるように。」

STEP.7

画像近「可愛くできてない(^^)?」

STEP.8

画像近「ムスカリの青もキレイ。
ブルーはイースターカラーの一つでもありますからね。」

STEP.9

画像近「球根花材を並べ終えたら、ウンリュウヤナギを絡ませていきます。」

STEP.10

画像近「ウンリュウヤナギを入れると、野生の巣の感じがでませんか?」

STEP.11

画像水盤に乗せて、完成です。

STEP.12

画像イースターリースが涼やかにできました。

【★★ ミニ知識(イースター) ★★】
2014年のイースターは、4月20日です!!
2015年は4月5日
2016年は3月27日
●イースターとは?
イエス・キリストが死後3日目によみがえった、復活を祝う日のことで、復活祭とも言われます。
英語のイースター(Easter)はゲルマンの「春の女神 イーアスター(Estera)」に由来します。
それ故、春の訪れを喜びあう意味もあるんです。

★ ポリクロマ ★
原種系チューリップです。
丈15~20cm程度のとてもかわいらしいチューリップ。
クロッカスやスノーフレークに似た印象のお花です。

この花レシピが気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP