うきうき花レシピ 山桜

うきうき花レシピ 山桜~吉野桜の枝ぶりを生かしたアレンジ

 

 

【作品のテーマ】季節のアレンジメント/『春から初夏へ』

◎近藤先生より
桜を使ったアレンジです。
桜は、種類のよって枝のしなやかさや花つきが違います。
春も終わりのこの時期に出てくる、吉野桜を使って、
枝の曲がりをいかした「かたまりと線のアレンジ」をします。

【アレンジ難易度】
★★★★☆

吉野桜  1本
トルコキキョウ(八重うすむらさき)  2本
グラジオラス(ピンク)  2本
シャガの葉  5本
青ハラン  5本
(資材)花器  1個
(資材)ワイヤー24番
【花材を準備】
今回の桜は『山桜』です。
『吉野桜』や『東海桜』も枝ぶりが面白いので、そちらでもいいですね。

桜の枝は固いので、枝切りハサミを使います。
近「枝ぶりが面白いのを選んでみましょう。長さを考えて切ります。」

先はこのように切り、十字に切り込みを入れます。

枝を入れます。
近「横から寝かせるように。」
徳「大きな穴が空くから失敗出来ないですね。」
濱「失敗したらどうしましょう……」
徳「オアシスを逆さにして、もう一回はできるかなぁ」

枝とは反対側にシャガの葉を入れます。
近「あえて逆向きに入れると、反るように立ち上がります。」

シャガの葉の方にも桜の小枝を入れます。
トルコキキョウで中心のかたまりを部分をアレンジしていきます。
近「桜に紫の花が似合いますね。『和』ですね~」

グリーンに青ハランを使いましょう。
近「そのままだと埋めるのに使えないので、加工して使いますよ。
芯のところを切り取って、1枚を二つに分けます。」
徳「ハランは水につけなくても丈夫な葉ですね。」

このように波々に折って、ホチキスで留めます。

葉が重なり合っているところにワイヤーを通し、茎のようにします。

オアシスの空いているところにハランを入れます。

グラジオラス入れて完成です。
桜の季節の春と初夏の花を1つのアレンジで。

北海道の春のイメージでしょうか?
東北~北海道に掛けては、春と初夏の花が同時に楽しめますね。
作品の中で、このように楽しむのはいかがでしょうか?

この作品は、4月3日のうきうきレシピで作成しました。
当日の動画でも、先生よりご紹介がありました。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP