#おうちで花レッスン 応援!

ローズティーの香りと合わせて♪ローズ&マムのアーティフィシャルディフューザーの作り方

今回はアスカ(asca)より、今注目のアーティフィシャルディフューザーの作り方をご紹介(^^)
ローズをメインにしたリング状のデコレーションです◎先日発売したローズティーの香りのイメージで作成しました。
紅茶を感じさせるカラーのマムをポイントに入れ、細かなカスミソウで香りたつ雰囲気を演出♪

完成イメージ★

1.花材を準備しよう


使用する花材を並べました。ここからカットしていきます。

今回はすべての花材をワイヤリングするので、花首の部分で細かくカットします。
ワイヤリング用のワイヤーはグリーンをチョイス。28番、又は26番を半分にカットしておきます。

2.お花をワイヤリングしよう


それぞれ花首の部分にワイヤーを巻いてワイヤリングしていきます。

ワイヤリングが終わったら、花材のワイヤー部分をフローラテープで巻き上げてテーピングしておきます。

★ここがポイント!
今回は花材が細かいので、13mmタイプのフローラテープはを使用する場合は半分幅にカットするとテーピングしやすいです。

3.お花のガーランドを作ろう


テーピングしたパーツをフローラテープで巻き上げながらつなげてガーランド状にしていきます。

表から見るとこのような状態に仕上げます。少し詰めながら巻いていきましょう。

裏から見たところです。この後リングにするので、多少上下にも振ると◎です。

★ここがポイント!
最後にリング状にまるめると花の間が広くなるので、少し詰まりすぎのような感じにつなげるのがコツです。

4.ディフューザーオイルを作ろう


まずは瓶にディフューザー用ベースオイルを注いでいきます。
ベースオイルはサラサラとした水のような無臭のオイルです。
お好きな量を注ぎおわったら、香りを付けるためのフレグランスオイルを入れていきます。

★ここがポイント!
ベースオイルは時間とともに揮発していくことで香りを広げます。
より長い期間お楽しみいただきたい場合には、オイルを多めに注いでください。

フレグランスオイルを入れる量はディフューザー用ベースオイルに対して2%ほどがおすすめです。
200ml程度のベースオイルを注いだ場合約4ml程度が目安です。
強めの香りがお好みの方・より広い空間を香らせたい方はお好みで増やしてみてくださいね。
スティックの量を増やすことでも揮発する量が増えて、より香りが強くなります。

★ここがポイント!
フレグランスオイルの調節にはスポイトが便利です。
少しの量で香りの強さが変わってしまうので慎重に作業しましょう。

今回は新発売の「ローズティーの香り」のオイルをセレクトしました!
エレガントでロマンティックな印象の薔薇の香りの中に、甘い紅茶のような清々しい香りがふんわり奥ゆかしく漂う、女性らしい魅力的な香りです。
こちらのアレンジとも相性抜群です(^^)ぜひお試しあれ♪

4.リングを作ろう


ボトルの口にあわせて3.のガーランドをまるめます。サイズや見え方を調整したら、ワイヤーでとめて固定します。

★ここがポイント!
こちらも裏側の写真を用意しました。止める時はボトルの口に引っかかるサイズで調整するときれいに見えます。

形を整え、スティックを添えて完成です。
すべてワイヤリングしてあるので花は自由に動きます。丁寧に花の向きを直して、きれいに仕上げましょう。

★完成★


いかがでしたか?
優雅な香り&アレンジを合わせてお楽しみください!

★使用した商品はこちら!



PAGE TOP