#おうちで花レッスン 応援!

アジサイアナベル のドライリースの作り方

アンティークタイプの紫陽花アナベルはきれいなドライフラワーになりリースに最適の素材です。
ごくごくシンプルに、アナベルだけのリースを作りました。
シンプルライフのインテリアにもぴったりのデザインです。

材料

紫陽花 アナベル アンティークタイプ ※花の直径25cm程度のものでこの本数を使用しました。 2本
リースベース 20cm 1個
地巻線 1個
マダガスカルラフィア 適量

作り方

STEP.1


材料です。今回のアナベルは直径が25cm程度で2本使用して作れました。分量に不安がある場合は予備のご用意をおすすめします。

STEP.2

アナベルを小さい房に切り分けます。少し茶色くなっていたりする房も、後ろの方にクッションとして使いますのですべて使うつもりで切り分けておきます。

STEP.3

小さな花ガラがついていたりしますが、そのまま使います。

STEP.4

2本分を切り分けました。
切り終えたらおよそ半量ずつに分けておき、リース半分でどの程度を使ってよいか目安にしておくと「足りない!」の防止になります。
それでも不安な場合は四分の一に分けて、リース四分の一でどの程度の量を使うか目安にすると安心感が増すと思います。

STEP.5


巻き始めです。リースベースにワイヤーを結びねじっておきます。

STEP.6


小枝を持ちます。枝の切り分け方によりますがおよそ大小合わせて5本程度。
あまりきれいでない枝などは後ろの方に見えないようにクッションに。持ち方もまん丸ではなく、このように扇形のイメージで広げておくと...

STEP.7

リースの側面までカバーしやすくなります。

STEP.8


小束をリースに当て、茎の根本を巻きつけていきます。
2~3回しっかりときつく巻きます。

STEP.9 ★レシピ2

丸い形をキープできるよう、毎回の小束はつねに同じくらいの分量で。リースの幅が急に細くなったり太くなったりしていないか、
横から見て高さの凹凸ができていないかをチェックしながらすすめていきます。
リースベースに元々凹凸がある場合は特に気を付けます。(ベースの低いところは花を多めに、高いところには薄めにいれるなど)

STEP.10

花を巻き終わりました。ワイヤーを絡ませてねじって止めます。

STEP.11

ラフィアはお好みで。蝶結びにしたラフィアの結び目に地巻き線を差し込みねじります。ワイヤの足を長く2本残してください。

STEP.12


バランスの良い位置に当ててみてください。

STEP.13


ワイヤの足2本でリースを挟む感じです。裏側までワイヤを回し、ねじって止めます

 

STEP.14


ラフィアの量をお好みで調節します。少し切ってさっぱりさせるとよいでしょう。

完成


ごくシンプルな基本の紫陽花リースでした。
ラフィアの巻き方を変えたり、飾りを工夫してオリジナルのデザインにしてみても素敵ですよ。

 



PAGE TOP