#おうちで花レッスン 応援!

お供えに重宝する榊・仏花の造花をご紹介

いつでも綺麗にしておきたい神棚には、造花の榊を供えるのがおすすめ。手軽で使い勝手のいい造花で神棚を美しく保ちましょう。今回はおすすめの榊・仏花の造花5点をご紹介します。

榊の造花の魅力

艶のある深い緑の葉が清々しい榊の葉はお仏壇のお供えや仏花などに使われるケースが多いです。高齢者のご家庭や、忙しくてなかなか水替えができないというようなご家庭、また、大きな施設で大きく形を整えてかざるようなシーンでは造花のサカキが便利です。造花といえども、本物とそっくりの高いクオリティには目を見張るものがあります。

榊の造花は通販がおすすめ

神棚に供える榊やお墓などに供える仏花を造花にすることで、メリットはたくさんあります。お手入れする余裕がないときや暑い夏の時期などには、造花の榊や仏花を取り入れてみてはいかがでしょうか。ホームセンターや100均などでもよく榊の造花を見かけますが、おすすめは品揃えが豊富な通販。商品の種類が豊富で価格の幅が広いので、自分の好みや用途に合わせて選ぶことができるのが魅力です。

おすすめ榊の造花5選

榊や仏花はシンプルなアレンジが多く、どれを選んだらいいのかわからないものです。今回は豊富な品揃えのはなどんや通販の中から、神棚やお墓に供えるのにピッタリの榊・仏花の造花を、5点ご紹介していきます。

光の楽園/光触媒 榊 大2本 中2本セット/98A30

消臭・抗菌効果のある光触媒「V-CAT」を使用した榊の造花。美しく供えるだけでなく、より衛生的に保つことができます。葉の量も多く、つややかな光沢がリアルな仕上がり。ひとつひとつを人の手作業で作る造花の、それぞれに生じる個体差も、生花のような趣を感じさせてくれます。最近は、神棚やお仏壇などに榊の造花が使われる場合もあります。頻繁に変えることができず、本物を枯らした状態で汚くしてしまったり、何も飾っていない状態が続くくらいであれば、1対用意しておくのもひとつの方法。

もちろん生花に越したことはありませんが、生花を買い替える間、きれいな状態で飾っておくことができるので、造花も準備をしておくと安心なのです。こちらの榊は、光触媒加工が施されており、ホコリなどもつきにくく、より神棚やお仏壇を美しく保つことができます。また、新築やお引越し、開業や開店の際のお祝いに、神棚のお供え用にギフトとして贈るのも、実用的な贈り物として人気があります。

>>光の楽園/光触媒 榊 大2本 中2本セットの商品詳細はこちらから

光の楽園/仏花2個セット/773A25N

シキミや榊(サカキ)をつかったお供えのアレンジメントは、そのまま置くだけで良いので、お墓やご仏壇を管理される方の手間が省け、手軽にご利用いただけます。最近は、お彼岸やお盆といった行事には生花を飾り、その他は造花を飾るなど、生花と造花を使い分ける方も多いようです。とくに水やお花が枯れやすい夏場には、造花は重宝します。

この商品は、白・黄・紫・赤4色の明るい色合いになっており、ネガティブなイメージになってしまいがちな、お供えをする場所がパッと明るく華やぎます。2個セットになっているので、お墓や仏壇の両脇にしっかりとお供えすることが可能。仏様への敬う心を、できるだけ生花に近づけて表現した、心尽くしの仏花の造花を、ぜひお供えしてみてください。

>>光の楽園/仏花2個セットの商品詳細はこちらから

アスカ/仏花(菊) ミックス/A-36089-46【02】

花束のように他のお花とあわせて組まれた、ボリュームのある充実の商品です。菊の花の幾重にも重なる花びらの様子も、繊細に美しく表現されています。菊の種類が豊富なのもうれしいポイントです。足元はお仏壇やお墓の花瓶に入りやすいようにまっすぐになっていてとても便利。お供えする場所に、パッと明るく彩を添えてくれることでしょう。タイミングで生花と造花の使い分けをしながら、常に彩りのあるお花を供えておけるのは、供養をする側にとってもすがすがしいものです。

最近は屋外のお花などでも、造花の仏花を飾るところが増えています。造花は1~2ヶ月もすると、どうしても退色してきたり、砂やホコリをかぶってしまい、やむを得ない劣化が見られます。気になってきたタイミングで、交換をするとよいでしょう。

>>アスカ/仏花(菊) ミックスの商品詳細はこちらから

アスカ/ヒサカキ(L) グリーン/A-46026-51A【02】

パーツがフサフサとたっぷりついた、Lサイズの榊の造花です。カットしてもたっぷり使えますので、他の造花とのアレンジにも使えます。榊の造花は、菊などの造花とくらべると、生花との差が大きく現れないのがメリット。葉の表情もリアルに表現していますので、特に高い位置にある神棚に置いた場合は、違和感がありません。無臭ですので、生花の匂いが気になる方にもおすすめです。
榊は、神にお供えする常緑樹とされていますので、切らさないよう、生花を買い替える間の予備としても、造花を準備しておくと安心ですね。

>>アスカ/ヒサカキ(L) グリーンの商品詳細はこちらから

サカキS グリーン/FG4625-GR【00】

全長35cmくらいのサカキです。ほどよいサイズ感なので、カットをせずにお供えのお花に添えたり、このまま数本をまとめてお仏壇などに飾って頂けるなど、とても便利。価格も100円均一程度で、お手ごろなのもうれしいポイントです。お供え用のお花の造花アレンジメントのワンパーツとしても、お手軽にご利用いただけます。

お花の造花と一緒にアレンジをする際は、全体的なアウトラインがひし形、もしくは三角形になるように仕上げるとよいでしょう。榊を一番後ろに持っていき、菊や百合などの花を、背の高い順番で前に重ねていくのがきれいに仕上がるコツ。造花にはワイヤーが入っていて形を自由に変えられるので、アレンジメントにはとても便利です。

>>サカキS グリーンの商品詳細はこちらから

榊造花のアレンジの参考になるレシピをご紹介


プリザーブドのお供え花のイメージ画像も、造花のシキミを使ったお供えのお花の参考にどうぞ。

>>【プリザーブドフラワー】伝統的な仏花

榊の造花でお供えしましょう

神棚にお供えする榊は、シンプルながらも毎日お手入れするのは意外と大変。そんなときはぜひ取り扱いが簡単な造花を活用しましょう。仏様への感謝の気持ちを込めて、素敵な榊の造花をお供えしてみてください。はなどんやアソシエでは今回ご紹介した造花だけでなく、生花やプリザーブドなど豊富な種類の花を取り揃えています。あなたにピッタリの商品がきっと見つかるはずです。

>>はなどんやで取り扱っている榊の造花はこちら



PAGE TOP