#おうちで花レッスン 応援!

UVレジンで作る、キラキラ綺麗な紫陽花ピアスの作り方

プリザーブドフラワーをアレンジした後の作業台には、チラホラと紫陽花が落ちていませんか?
”こんなに可愛いお花なのに、捨ててしまうのはもったいない!”ということで、
今回は、UVレジン(紫外線硬化樹脂)で紫陽花をコーティングして、キラキラ揺れる綺麗なピアスを作ってみました!

作り方

UVレジンとは、紫外線を当てると固まる透明な樹脂です。
今回は、レジン液は「パジコ社・星の雫」を使い、「UV-LEDライト」で硬化して作品を作ります。
※記事の最後に、プリザーブドフラワーにレジン液を塗布する場合について載せています。

【1】レジン液のノズルにアタッチメントを取り付けます

ボトルノズルの先端をティッシュなどでよく拭き取って、ヘラアタッチメントを奥までしっかりと差し込みます。

【2】紫陽花の1枚の花びらの表にレジン液を塗って、すぐに硬化します

茎が残っていたらピンセットで茎を持って、花びら1枚だけ、表面にヘラでレジン液を塗ります。
(茎が残っていなかったら、上の写真のように花びらをそっと持ってくださいね。)
ヘラがない場合は、筆を使ってレジン液を均一に塗ります。

塗ったら、すぐに、ライトで硬化します。

【3】硬化した花びらの裏面に、レジン液を塗り、すぐに硬化します

花びらを裏返し、【2】で硬化した花びらの裏面にレジン液を塗布して、すぐに硬化します。

【4】残りの3枚の花びらも、1面ずつていねいに硬化します

1面にレジン液を塗布したら硬化、塗布したら硬化を繰り返して、花びら4枚の表・裏をレジンでコーティングします。
今回はピアスなので、もう1輪、同じものを作ります。

【5】金具をつける1枚と中心を補強します

金具をつける1枚の表・裏を再度レジン液を塗り硬化させて、コーティングします。
また中心部分も割れやすいので、表と裏にレジン液を塗り硬化させて、コーティングします。

【6】ピンバイスで穴を開け、穴をレジンでコーティングします。

ピンバイス(精密ピンドリル)で花びらを割らないように、ていねいに穴を開けます。
本当に割れやすいので、ゆっくりゆっくり慎重に開けてくださいね。

クズをきれいに拭いたら、穴を塞がないように、レジン液をつけて硬化します。

【7】ピアス金具とつなげたら、出来上がりです♪

Cカンとチェーンとピアスをつなげたら出来上がりです!
ゆらゆらキラキラ涼やかな夏のピアスができました。

プリザーブドフラワーにレジン液をつけると…

プリザーブドフラワーは、レジン液をつけた場合の状態が、メーカーによって違いが出てきます。
(1)レジン液が花びらにまばらに浸透して、透けた部分と色が残った部分のばらついた状態になるもの
(2)すぐに浸透して全体が透けた状態になるもの
今回アレンジの後に残っていた紫陽花は(1)のタイプでした。
レジン液をつけて1~2分硬化しないでいると、下の写真のようにまばらに液が浸透します。

UVライトでの硬化は2分以上かかりますので、硬化中に液がまばらに浸透して、上の写真のようになってしまうことがあります。
今回は紫陽花の色をしっかり残したかったので、レジン液をつけたら即硬化ができるUV-LEDライトを使いました。

終わりに

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

紫陽花ってポロポロはらはらよく落ちてますよね~。アレンジの後は、1枚1枚ていねいに拾って箱に入れています。
今回のピアスは2輪しか使わないのでなかなか減りませんが(笑)、少しでも輝かせてあげれたら…そう思って作りました。

ぜひ、みなさんもアレンジの後の作業台に残った小さな小さな宝物を、活躍させてあげてくださいね。

材料

*花材*
即日★【プリザーブド】フロールエバー/アンデスアジサイ パウダーブルー/FL291-13【00】

*レジン液・UVライト*
パジコ/UV-LEDレジン星の雫ハード25g/PDC403236【01】
パジコ/ノズルアタッチメント 細ノズル&ヘラ/PDC403230 【01】
パジコ/UV-LEDスマートライトミニ/PDC403238【01】

*アクセサリー金具*
NBK/ピアスフック S 10組 FH8 シルバー/A12-478【01】

この記事を書いた人

花ごよみ 山高紀子
佐賀市で、プリザーブドフラワーを中心につまみ細工やレジンなどをあわせて、お花モチーフの作品を制作・販売しています。和風のデザインが得意です♪
また、アトリエではプリザーブドフラワーのプチアレンジ教室も開催しています。
>>記事一覧
>>WEBサイト



PAGE TOP