#おうちで花レッスン 応援!

おうち時間、家族と過ごす時間を造る”造花”のインテリア~佐藤俊輔のFLOWER STYLE vol.4~

おうち時間、家族と過ごす時間を造る花”造花”で花のある暮らしをプレゼント

今年も母の日が近づいてきました。お花屋さんにとっては一年で一番忙しい季節、ついつい母の日プレゼントを買い忘れてしまうこともあるかもしれません。

あなたは「お母さんが本当に欲しいもの」を知っていますか?
人にはそれぞれ好みがありタイミングもあるので、確実に欲しいものを知る術はありませんが、参考になるデータはいくつかあります。

母の日に、何かする予定は?というアンケート、堂々の一位は「お花を贈る」で31%。これはお花に携わっている人には嬉しい結果になりました。※2020年3月フェリシモアンケート白書。
一方でお母さんたちに聞いた、母の日にもらって一番嬉しいものは?というアンケート「お花が欲しい」と答えたお母さんは12%となっています。※2019年4月三陽商会「母の日に関するアンケート調査」。贈りたいものともらって嬉しいものには20%近くのひらきがあることが分かります。

ではお母さんがもらって嬉しいものの一位はなんでしょうか?
それは“時間”です。なんと81%ものお母さんが、時間(家族と過ごす時間や自由に使える時間)が欲しいと答えています。近年、人々の欲しいものが「モノ」よりも「コト」にシフトしていると言われていますがお母さんも例外ではないようです。

とはいっても「モノ」の中でお母さんが一番嬉しいと思っているのはお花。やはり形に残るモノを贈ってプレゼントを長く楽しんでもらいたい思いがあるのは、お花を贈ると答えた31%の数字を見ても明らかです。
そこで、そんな「モノ」も「コト」も両方プレゼントして、あふれる感謝の気持ちを欲張りに届けるといのが今回の「HANA CUBE」です。

キューブ型のアクリルケースに球体のアレンジが入った、HANA CUBE。贈ったそのままの形で飾っておけるのでギフトなのにそのままインテリアにもなります。
さらに、今回ははなどんやさんのキッド販売とスペシャルコラボレーションで、ハナキューブのキッドを同時発売しています。


HANA CUBEキットはこちら

必要な材料が一式揃って、作り方は動画で見ることができるキッド販売。キッドをプレゼントして「一人で趣味などを過ごす時間」を贈ってもよし、お母さんと一緒に作って、「家族と一緒に過ごす時間」を贈ってもよし、いずれにしてもHANA CUBEが完成したらギフトがそのまま可愛いインテリアになり、飾って楽しむ”空間”もプレゼントすることができます。

母の日は24時間じゃなくてもいい。
自分で作るから、愛着が365日ずっと続く。
「家族と過ごす時間」「一人だけの大切な時間」を造る花“造花”を使って、花のある暮らしをプレゼント。

「佐藤俊輔のFLOWER STYLE」第4回目はじまります。

生花×造花×ドライ=セミフレッシュアレンジメント

使用する生花の花材はこちら。

左から、ユーカリ(パルビフォリア)コロンビア産HBチース(ピンク)SPバラアンティークレース

造花の材料はこちら

左から、プリザーブド千日紅(フレッシュグリーン)クリスパム(白)ポーチベリーピックミニピンポンマムピックサリューブバリアブーケ(ホワイト)ローズバンチ(ピーチ)ハイドレンジアブーケ(モーブ)

その他の材料はこちら

左から、木工用ボンドグログランリボン(ブルーグレー)麻ヒモクリアカレ(L)オアシスセック球7cm

生花と造花、ドライなどの花材を一緒にアレンジする、サトウシュンスケフラワーデザインオリジナルの「セミフレッシュアレンジメント©」。第一回は生花と造花をすみわけする「セパレート法」、第二回は生花をアレンジする器を造花で作る「ベース法」、第三回は水につけずにそのままドライになる生花を選んでアレンジする「セレクト法」をご紹介しましたが、今回はセレクト法を応用して包装のポイントとして使用する「ラッピング法」をご紹介します。

佐藤が選ぶMVP花材「コロンビア産HBチース」

ほぼ水いらずで扱いが簡単で、長持ちし、吊るしておくだけで綺麗なドライフラワーになるスターチス。近年のドライフラワー人気で、ウエディングなどで花嫁さんからブーケにリクエストされることも多くなりました。そんなスターチスですが、定番のお花でスーパーなどで手軽に手に入るため、菊と並んでお供えの花、昔ながらの雰囲気の花といったイメージがあるのも事実です。今回のコロンビア産HBチースは、通常のスターチスと比べて花が小さく、カスミソウのような雰囲気があるので今風のドライアレンジにぴったりです。また、カラーによっては小さな模様が入ることがありそれが星のように見えてとってもロマンチックなお花です。ぜひ皆さんも小さな星を探してみてください。はなどんやさんんでは定番のスターチスから今回のような変わったスターチスまで色々と手に入りますのでスターチスコーナー、ぜひチェックしてみてください。

生花スターチスコーナー

STEP1.球体の美しさ=アレンジの美しさ

HANA CUBEは、球体のアレンジがアクリルケースに入ったアレンジ。まずは、球体のアレンジの作り方です。

セック球を手でこすって削り、直径が6cm程度になるようにします。

ローズバンチを茎2cm~3cm程度を残して5輪カットし、オアシスにさします。

バラなどの顔が大きな花材は、まんべんなく挿すために一輪さしたらその反対といった感じで対角線上に挿していく。

バラをすべて挿し終わったら球体のアレンジがアクリルケースに入り大きすぎず小さすぎずぴったりのサイズかどうかチェックします。大きすぎる場合は茎を深めに挿し、それでも対応できない場合はオアシスを再度削ります。小さすぎる場合は茎を浅めにさして対応します。

ミニピンポンマムも同じように5輪カットしオアシスに挿します。極端に隙間が空いているところがないように、花が隣接しないように挿す場所を考える。

千日紅は5~6輪程度茎をカットし、26番ワイヤーを花首の中心に挿し込み、長いワイヤーを3cm程度にカットして同じようにオアシスに挿します。

ポーチベリーは、ベリーの部分6つ、葉の部分お好みで5~6枚程度をそれぞれを茎を残してカットしオアシスに挿す。

ハイドレンジアは10輪程度、ブバリアは6~7輪程度を、茎2cm~3cm程度にカットしオアシスに挿す。

クリスパムを細かくカットし、花だけの状態にしたものをキューブの隙間にボンドをつけて貼り付けていく。特にポーチベリーの双葉の部分や大きな花のそばはへこんでいるところが多いのでそこを重点的に埋めて、デコボコのない綺麗な球体に仕上げます。

花材が偏りなくまんべんなく入っており、綺麗な球体の形になっていることが、今回のアレンジメント全体が綺麗に見えるコツなので花の高さや位置を調整しましょう。途中で何度かアクリルケースに入れてみてサイズをこまめに確かめるのも重要なポイントです。出来上がった球体をアクリルケースに入れてアレンジメントの完成です。

 

STEP2.ラッピングにも大活躍のタイニーブーケ

贈り物でキーになるのが、ラッピングです。いつものラッピングにひと手間加えて、自分だけのオリジナルラッピングを楽しみましょう。前回「佐藤俊輔のFLOWER STYLE vol.3」でご紹介した手のひらサイズの小さな花束、タイニーブーケが活躍します。

まずは、出来上がったHANA CUBEを十字のリボン結びにします。片方のリボンの端を長めにカットしリボンとケースの間を通して巻き付けるとワンポイントができます。

生花を茎6cm~8cm程度に切りそろえます。バラは小さめの花を一輪(あれば蕾も)、ユーカリとスターチスはそれぞれ3~4本程度。

バラを中心にスターチスやユーカリを束ね、麻ヒモで茎を巻き下げて堅結びをする。

出来上がったタイニーブーケをリボンの結び目とケースの間に挿し込む。

STEP3.重ねて楽しむお花の積み木

HANA CUBEは、アクリルケースに入っているので、複数作って重ねて積み木のように楽しむのもおすすめです。色違いバージョンの花材はこちら。

左から、プリザーブド千日紅(フルーティオレンジ)クリスパム(エンジェルイエロー)ポーチベリーピックミニボールマム(グリーン)ローズバンチ(モーブグリーン)ハイドレンジアブーケ(クリーム)

同じ手順で作れば色違いのキューブが出来上がります。

二つ並べて完成です!

HANACUBE(左)の材料はこちら
HANACUBE(右)の材料はこちら

自分のために時間を使うご褒美母の日

バレンタインで好きな人に渡す本命チョコ以外にも、友達同士で渡す友チョコや、男の人から女の人に渡す逆チョコ、自分のために買うご褒美チョコなどが取り上げられるようになってきたように、近年贈り物のイベントも多様化しています。

母の日も子供からお母さんへ贈り物や感謝の気持ちを伝えるだけでなく、お母さん自らが自分ためのご褒美としてお花や時間を手に入れるようになっていけば素敵だと思います。

おうち時間、家族と過ごす時間、趣味に没頭する時間、大好きなものに囲まれる時間—

自分へのご褒美を造る花”造花”からもう一度はじめる花のある暮らし「佐藤俊輔のFLOWER STYLE」次回もお楽しみに!


HANA CUBEキットはこちら

また佐藤俊輔のインスタグラムでは撮影時のオフショットなども掲載しています。

この記事を書いた人

フラワーデザイナー 佐藤俊輔
2014年、モナコ国際親善作品展国内選考会で特別賞を受賞。
2017年より「女性自身」にて季節のアレンジメントを連載。
テレビ、ラジオ出演のほか百貨店の装飾など幅広く活躍中。
>>記事一覧
>>WEBサイト
>>Instagram


PAGE TOP