東京中央卸売市場に入荷する生花を全国へお届け!資材、プリザーブドも充実!

生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ

ようこそ

ゲスト 様

新規会員登録

敬老の日レッスンpart2・山の手エレガンス系ラウンドブーケ

Published at 2011/05/31 23:50:49
敬老の日レッスンpart2・山の手エレガンス系ラウンドブーケ
 

ゴージャスな大輪ローズとシックなダリア、ケイトウをあわせた高級感のある花束です。
やっぱり、もらってうれしいのは華やかで気持ちの嬉しくなるお花!
敬老の日のギフトにこんな素敵なお花、お洒落ですね♪♪

【近藤先生からのアドバイス】

花束はやっぱりキレイなスパイラルをつくることが肝心!
それに作業の手早さも重要です。
そのためには事前の下葉処理や、スパイラルの順番を守って組んでいくことが大切です。

★まずは企画販売をチェック!
レシピで使われているアイテムがお買い得になっているかも?


【使用アイテム】
エクアドルローズ(カルーセル、フリーダム、エスペランサ)
ケイトウ ボンベイピンク
ダリア ジェシーリタ
スカビオサ ピンク
トルコキキョウ ピンク

レモンリーフ 

他のレシピを見る。

ピンク、ワイン、レッドのお花たち。
エレガントでゴージャスです!
片手に持って作る花束は、事前にしっかり下葉処理が肝心です。

ケイトウは葉と表面にボコボコした種部分を指でそぎ落とし、 バラもとげや葉っぱを取り除きます。
バラは 一番上の葉が残るくらいだけ残しておきます。

トルコは枝分かれ部分を3つくらいに切り離しておきます。
ダリアの葉は水下がりしやすいのですべて取ります。

まずは近藤先生のお手本タイム・・・説明を交えながらあっという間に形が出来上がってしまいました。
さすが!と、ここでいったん終了!
近「はい、じゃあやってみましょう!」
徳「ああ、そのブーケ崩さないで・・・(><)」
近「最初からやってみてくださいね~~笑」

 

 

気を取り直して最初からチャレンジです。
まずは中心の1本を決めます。
どうだ!といわんばかりの大きさ。(^^;
さすがのエクアドルローズ。

徳「えーと・・・つぎの花~」
武石「その前にまず葉っぱだよ!」
そうでした。レモンリーフを添えます。
近「最初は特にすべりやすいので、葉をはさんでいくことでクッションの役割を果たします。」

お花を順番にどんどん追加していきます。
確かに、葉っぱがあるとずいぶん作りやすい!
近「お花が横を向いているダリアはもう少し後でいれましょうか。
横を向いたお花は、ある程度外側の位置でないと埋もれちゃいますからね。」

徳「先生みたいに持っている指が動かせないのは何故??」
近「全部の指でぎゅっと握るんじゃなくて、親指と人差し指で支える感じでね。
お花を追加していくから、他の指は自由に動かせるように握っておいて。」

徳「茎の柔らかいお花はちょっと頼りない感じ・・・」
近「スカビオサは数本をひとまとめにして入れちゃってもOK!
茎の短いトルコの脇枝なんかは最後のほうで使いましょう。
茎が短くてもスパイラルに組みやすくなります。」

徳「この平べったい人(ケイトウ)はどうしたら?」
近「スキマに埋め込むような感じで入れるといいですよ」
円を崩さないような隙間に入れます。

近「お花を入れる部分を常に手前に持ってくることがポイントですよ~」
徳「以前のブーケ(コレとかコレ)でもポイントで教えてもらった点ですね!くずれないように・・・くるっと回転」
近「しっかりスパイラルになっていれば簡単には崩れませんから大丈夫!」

だんだん大きくなってきました・・・
けっこう重いです;;
近「ずっと上で持っているとやっぱり疲れちゃいます。たまには下げて全体を見ながら形を確認してね。」

ここでちょっと高さを調節してみます。
こんなにぎゅっと詰まってて、ほんとに動くの??
近「スパイラルになっていれば、支点以外では茎がぶつからないのでちゃんと動かせるはずですよ~~」
徳「おー!ほんとに動かせます(@。@)/」

最後にレモンリーフで外側をカバーします。

じゃん。 上から見て凹凸しすぎていないかどうかなどチェック。

紐でしばります。
片手でもカンタンに紐がしばれる!
おすすめのウラワザは下記に!

茎を切りそろえます。

仕上げは先生にチェックしてもらいました。
近「はい、形はOKです♪」
徳「だいぶ茎が温かくなってしまいました・・・^^;」
近「できるだけ手早く作ることでお花も長持ちします。
実はこの"手早さ"が一番大切なことなんですよ。
早く作るのは練習あるのみです^^b!」
道はまだまだ遠いようです~~

キレイにカットすると立たせて置けます。



片手でカンタン!花束づくりに役立つひもしばり方法

ひもの先を輪っかにし、輪を下にしてもちます。

輪を茎に当て、ひもをグルグルと茎に巻きつけます。

 

茎をしっかりと止められるまで巻きつけたら、ひもの先を輪っかに通します。

 

ひもの両端をそれぞれ上下にひっぱります。

輪っかがきゅっとしまります。

完成!片手でもぎゅっとしばれました!!
スゴイ~~(><)
近 「もちろん、輪ゴムを使ってもいいんですが、これなら ひも縛りも片手でできるでしょ?」
確かに輪ゴムよりは紐のほうが可愛いですよね~~
花束づくりに役立ちますので是非覚えておきたいですね!

「敬老の日」とういと、どちらかというと地味なお花を想像してしまいがちでしたが近藤先生に提案して頂いたブーケはとってもお洒落ですてき♪
こんなお花なら、もらう側になってみたいと思ってしまいました(笑) ★レシピで使われているアイテムがお買い得になっているかも?お花の購入はこちらから。
他のレシピを見る。

●関連するコンテンツ
束ねる花束のブライダルブーケ | 敬老の日 | 初秋のフラワーアレンジ



 
 
 
 
 
- スポンサーリンク -