#おうちで花レッスン 応援!

固まるハーバリウムで作る!透明フラワーリースのご紹介

こんにちは!はなどんやアソシエのハーバリウム担当です(*^▽^*)

今回は「固まるハーバリウム」で作るフラワーリースのご紹介です。
透明でカチカチに固まる「固まるハーバリウム」で作るフラワー作品は、清涼感があってこれからの季節にぴったりです♪

ご用意いただくもの

・固まるハーバリウム液
・シリコンモールド
・お好みの花材
・その他道具
 電子測量計(0.1g単位まで測れるものがより良いです)
 シリコンマット
主な材料はこちら!

作る前の準備

★テーブルはシリコンマットで保護し、エプロンを着用しましょう。
(机や洋服に液体が付いて固まってしまうと、取り除くことができません)
★皮膚が弱い方はゴム手袋(作業がしやすい薄手のもの)を着用してください。

作り方

1.シリコンモールドをセッティングします。

画像のような配置で、「シリコンモールド 丸プレート(L)178mm」の上に、「シリコンモールド コースター丸大」と「シリコンモールド アクセサリー 円柱棒 2個」を乗せてください。
(このようにシリコン型を複数組み合わせることで、魅力的な三日月型のシリコン型に仕立てることができます)

【POINT】

型をピタッと重ねておもしを乗せると、液体が隙間に入りづらくなります。

2.固まる液体を準備します。

電子測量計に攪拌用カップを置き、メモリを0.0gにセットしてください。
クリアリウムのA液を120g、B液を60g、電子測量計で測りながら入れてください。

A液B液を入れたばかりの状態です。

マドラーで混ぜます。最初は白く濁ります。

混ぜていくと徐々に透明になっていきます。
(カップの内側面辺りがとくに液剤が混ざりにくいため、たまにマドラーで内側面をこするようにして混ぜてください)

1~2分程度よく混ぜて透明になったら液剤の準備完了です。

3.液体にお花を配置して、固まるのを待ちます。

作り方1で配置したシリコン型の、三日月型を作った部分に液剤を流し込みます。

液体の中にお花を乗せていくような感じで、お花をレイアウトしていきます。

【POINT】

お花の配置は、液体を流してから遅くとも1時間以内に終わらせましょう。
(半固形に固まっている段階の液体をいじると、液体が流動しているような動きの状態で固まってしまいい透明感が損なわれます。)

4.カチカチに固まったら完成!

お花の配置が終わったら、液体が固まるまで24~36時間放置します。(2液を混ぜた化学反応によって、常温でゆっくりと硬化していきます)
十分な時間をおいて、カチカチに固まっているのが確認出来たらシリコン型を取り外して完成です!

主な材料はこちら!



PAGE TOP