2019年の秋の流行は?横浜ディスプレイミュージアム(YDM)のコーディネート4選

8月も半ばを過ぎ、うだるような猛暑の日々が続いていますね。
もうすぐ秋の季節!皆さま準備はお済みですか?
今回は総合的な空間プロデュースを手がける「横浜ディスプレイミュージアム」(YDM)ブランドからのご紹介♪
YDMならではの、造花以外も用いたトータルコーディネート4選をご提案いたします(^^)
ディスプレイ・作品作りの参考になさってくださいね。


1.Dramatic Riad(ドラマティックリヤド)


芸術家の町として有名なニューヨーク”ソーホー”のスタイリッシュさと、
エキゾチックでナチュラルなボヘミアンスタイルをミックスさせたテーマ”ドラマティックリヤド”。
素朴な枝物やドライルックのバンチ、ベージュ・クリームカラーを中心とした花にトレンド小物のマクラメタペストリーなどを組み合わせた、ナチュラル感たっぷりのご提案です。

★担当オススメ!コーディネート商品ピックアップ★

★コーディネート商品一覧はこちら!

2.紅葉茶会(こうようちゃかい):中国工芸茶


初秋から晩秋への移ろいを茶葉をイメージさせる緑色・茶色・紅色のリーフを中心にセレクト。
繊細で多様な秋の移ろい職をテーブルにチラシて愉しむような、たおやかな茶会の空間を表現しています。
単品でも美しく、数種を組み合わせてアレンジしてもまとまりのよい、ディスプレイやアレンジ向けのラインナップになっています。

こちらは中国工芸茶をイメージしたコーディネート。
紅葉の葉のオレンジ色から炒った茶葉のような落ち着きのあるブラウンや自然素材を思わせるベージュまでの茶系のグラデーションで、
しっとりと濃縮された時間を豊かな気持ちで味わう中国工芸茶の世界をイメージしています。

★担当オススメ!コーディネート商品ピックアップ★

★コーディネート商品一覧はこちら!

3.紅葉茶会(こうようちゃかい):イングリッシュティータイム


こちらは紅葉茶会からイングリッシュティータイムをイメージしたコーディネート。
錦秋と呼ぶにふさわしい、秋の実りの熟した実ものの赤、寒さが増し一段と色づいた紅葉や楓の茜色や朱色の艶やかなグラデーションコーディネートは、
貴族文化から発祥したイングリッシュティータイムをイメージしています。

★担当オススメ!コーディネート商品ピックアップ★

★コーディネート商品一覧はこちら!

4.紅葉茶会(こうようちゃかい):茶席


こちらは紅葉茶会から茶席をイメージしたコーディネート。
イチョウの葉の鬱金色から明るい黄緑の黄蘗色、緑みの茶色の利休色までの葉色の移り変わりと、
それを引き立たせる深みのある紫色の花々で、凛とした品をまとった茶席をイメージしています。

★担当オススメ!コーディネート商品ピックアップ★

★コーディネート商品一覧はこちら!


今回は4種類のコーディネートをご紹介いたしました。
今年ならではのテイストを取り入れて、素敵な作品を作りましょう♪

★このページでご紹介の商品一覧はこちら!

★YDM(横浜ディスプレイミュージアム)2019年秋冬新商品一覧はこちら!

★YDM(横浜ディスプレイミュージアム)2019年商品一覧はこちら!

インスタグラムも更新中!フォローお願い致します♪

PAGE TOP