東京中央卸売市場に入荷する生花を全国へお届け!資材、プリザーブドも充実!

生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ

ようこそ

ゲスト 様

新規会員登録

うきうき花レシピ『蘭のシャワーアレンジ』

Published at 2015/07/14 11:58:39
うきうき花レシピ『蘭のシャワーアレンジ』
 

 蘭のシャワーアレンジ

 

作品のテーマ

夏 うきうきスチューデント・ブライダル/『蘭のシャワーアレンジ』


近藤先生より

夏のアレンジレッスン、ブーケ製作にお薦めの取り合わせです。
ピンクのグラデーションが爽やかです。
エンシクリアのラインをいかして、シャワーアレンジにします。
下垂性のアレンジですので、長めの花器にオアシスを高くセットしましょう。

※予算:3名で約10,000円のレッスン花材です。

難易度

★★★☆☆


材料

作り方

STEP.1

画像

【花材準備】
蘭は夏にはかかせない花材です。

STEP.2

画像

近「最初に、正面になる花を選びましょう。
先端が美しいエンシクリアはどれかな。先が細く綺麗な花を選びましょう。」

STEP.3

画像

下から上に挿すので、スポンジは高めにセットしてあります。
今回使用した花器は高さがセンチ、スポンジを入れた部分はセンチの正方形でした。

近「机よりも垂れ下がるデザインでもいいのですが、今回はこのくらいの長さで作ります。
この方が、持ち帰りに便利で生徒さんに喜ばれるのよ。」
濱「そのまま持ち帰るのですか?」
近「車で来られる方が多いので、そのまま車に積んで持ち帰ってます。」

STEP.4

画像

正面よりやや短い長さで左右にも挿します。
近「長く入れる花は、先が小さくトンガリがある枝を選んで使います。その方がラインができます。」

STEP.5

画像

正面+左右を入れました。確認下さい。

STEP.6

画像

切って長さを調節します。
短くなった部分は上や後ろ側に使います。

STEP.7

画像

間に花を挿します。
先に挿した3本よりも短く、少し高い位置に入れます。

STEP.8

画像

そろそろ上にも入れましょう。
まずは葉から。/p>

STEP.9

画像

1輪~2輪の花で切り分けた花を上の方に入れます。
蘭は花向きがあるので、注意して挿しましょう。
徳「バラやカーネーションのような塊の花を使ってないので、上の部分が難しそうです。」
濱「そうだ!作ったことない形です。花向きもあるので、どの順で挿したらいいのか悩みます。」
近「そう、悩まずに。数輪挿して、間にグリーンを入れるようにすれば埋まります。」
濱「グリーンですね。」

STEP.10

画像

近「左右はあまり広げません。一方向のみが長い形です。
その方向に流れるように作りましょう。」

STEP.11

画像

つぼみの部分が多い場合は、切って使いましょう。

STEP.12

画像

近「上に挿す部分は高さを抑えるようにしましょう。このくらいまでだね。
高さを出そうとすると、帽子をかぶったようにこんもりしちゃうから。」
濱「綺麗に見えるアレンジのレイアウトですね。」
近「花の一番下のラインが花器よりも下がるようなデザインなら、もっと高くしてもいいと思います。が、今回はダメ。」

STEP.13

画像

近「くるくるとウェーブのかかったミスカンサスを使いたいと思います。」
濱「どうしましょう?」
近「こうします。
棒にくるくると巻いてテープで留めます。それを水に入れて暫く放置。」
徳「マジックだと水に入れるのは無理ですね。」
近「今回は、葉の下だけ水につけて放置しましょう。」

STEP.14

画像

くるりとしたミスカンサスが雰囲気を可愛らしくしてくれます。
近「流れが出ていいですね。」

STEP.99

画像

小さめの花を利用した可愛らしい蘭のアレンジです。
激しい色合いの蘭も素敵ですが、こちらも良いと思います。

『蘭』の花も通年入荷しますが、やっぱり夏のイメージです。



この花レシピが気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです♪

●関連するコンテンツ
トロピカルアレンジ | 夏 フラワーアレンジ | 夏のフラワーアレンジ



 
 
 
 
 
- スポンサーリンク -