東京中央卸売市場に入荷する生花を全国へお届け!資材、プリザーブドも充実!

生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ

ようこそ

ゲスト 様

新規会員登録

オータムレッドのローズブーケ

Published at 2014/11/03 16:51:34
オータムレッドのローズブーケ
 

 オータムレッドのローズブーケ

 

作品のテーマ

オータムウエディング/『オータムレッドのローズブーケ』


近藤先生より

赤系のバラを使った秋冬向けのウエディングブーケです。
秋冬ウエディングは、ドレスや会場装飾も重厚感のある色を選ばれる方も多いので、深い赤は映えると思います。
赤なのでブーケの面積は小さめで製作されると、重たくならずバランスも良いと思います。
ローズヒップなどの実物の代わりに、早い時期なら久留米ケイトウを入れてもいいと思います。

難易度

★★★☆☆


材料

作り方

STEP.1

画像

【花材準備】
近「秋冬は、重厚感のある赤が映えると思います。」

STEP.2

画像

徳「アイビーが元気ないですね。」
近「そんな時は、両端を水に付けるようにしてあげましょう。
両方から水を吸ってくれて水上がりしやすくなります。」

STEP.3

画像

近「濃い赤のブーケは、大きく作ると重たく見えるので、『小さくギュッとまとまる』ように作った方がしっくりきます。
約15~18センチくらいがいいかな。」

ヒューケラとアイビーでだいたいの大きさを決めます。

STEP.4

画像

近「お~、ぴったり18センチ!!」

STEP.5

画像

近「次に、メインのバラで上前後左右に入れます。」

STEP.6

画像

近「先に大きさの目安になるような花材を入れた方が、作りやすくなります。
この時に使うバラは、大きさが同じようなバラを選んでおくと、長さ調整が楽ですよ。」

STEP.7

画像

バラの間に埋める花材(スキミア、セダム)を入れます。

STEP.8

画像

近「この大きさだとどんな感じになるかな。」
徳「ちょっと持ってみましょう。」
近「うんうん。
このくらいだと、カラードレスや二次会でも持ちやすいと思います。」

STEP.9

画像

近「アンダルシアは少し浮かすように入れて凸凹感を出します。」
徳「丸くなってるかな。」

STEP.10

画像

実物を入れて季節感を出します。

STEP.11

画像

近「せっかく素敵にできたので、リボンをかけてみましょうか。」
徳、濱「はい、ぜひ! お願いします。」

STEP.12

画像

ブライディの部分に両面テープでリボンを固定してもいいのですが、両面テープがなかったのでフローラルテープを巻いてリボンが滑らないようにします。

STEP.13

画像

底の部分をリボンで留めます。

STEP.14

画像

底から少し上でテープで留めて、始点とします。

STEP.15

画像

一度底の方へ巻いていきます。

STEP.16

画像

下まで巻いたら、上に向かって巻いていきます。
上まで巻きました。

STEP.17

画像

リボンを作るときのワイヤーを使って、ホルダーに付けます。

STEP.18

画像

この凹みの部分にワイヤーを掛けて留めます。

STEP.19

画像

完成!!

STEP.99

画像

秋から冬にかけての赤いブーケです。
とても落ち着いた赤がとても素敵です。

実物(ローズヒップ野バラ)を増やしてもう少しカジュアルな季節感のある赤にしてもOK。
バラを増やしてもう少し真っ赤にしてもOKです。

オータムウエディング(白い花束)はこちらもおすすめ。
オータムウエディング(ピンク花束)はこちらもおすすめ。


この花レシピが気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです♪
●関連するコンテンツ
ブーケホルダーを使ったブライダルブーケ | 秋 10月のフラワーアレンジ



 
 
 
 
 
- スポンサーリンク -