.

東京中央卸売市場に入荷する生花を全国へお届け!資材、プリザーブドも充実!

生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ

ようこそ

ゲスト 様

新規会員登録

うきうき花レシピ エキゾチック・シャワーブーケ

Published at 2011/07/21 13:24:24
うきうき花レシピ エキゾチック・シャワーブーケ
 

 

 


◎近藤先生より

バラなど花びらのつまったお花と違って、一輪ずつが軽いので
持つのも負担にならないとても軽いブーケです!
空気感をもたせて、蝶が飛んでいるように入れましょう。

3人で10,000円のレッスンにもなります。この時期お安くなっているグロリオサをぜひブーケレッスンにも!

【アレンジ難易度】 ★★★★☆

グロリオサ(黄)  3本
アランセラアンブラック  3本

オンシジューム

 3本
利久草  3本

アスパラペラ

 1~2本
リューカデンドロン小輪  1~2
ゲイラックス  少々
ゴットセフィアナ  2本
 (資材)ブーケスタンド  

(資材)ブーケホルダー

 
 
花材準備。
南国の花たちが艶やかですね!
夏向けのお花たちばかりなので作ってからの
花もちも安心です。
 

近「グロリオサは花粉を取って使用しますよ。
ドレスに花粉が付いたら困りますからね。」

下の花から古くなるので、これからきれいになっていく
新しいお花を使いましょう!

 

まずは利休草でブーケのアウトラインを取っていきます。
下に垂れさがる長さを決めます。
長さを少しかえた2本を添わせるようにして指しました。

サイドにも利休草をいれていきます。
ぐるりと一周、シャンプーハット型に入れていきます。
手元が隠せますのでやや下向きにいれてもOKです。

このタイプのブーケはなんといってもラインが命!
考えずにお花を切ってしまうまえに、バランスのよいお花、
ラインをよく吟味してからカットしましょう。

グロリオサでラインをとります。
近「先端に来るなら小さめのお花がいいですね。
つぼみや、まがった茎のものを見つけてうまく使いましょう。」

先端のラインに添わせるようにサイドからもお花を足します。
上に向かって徐々に広がってゆくラインを意識しましょう。

徳「このライン部分が難しいんですよね(^^;)。
茎が細いから、オアシスに空く穴も小さいですので
さしなおし練習できそうです!笑」

奥行きがちょっとわかりにくいですが
前方、サイド、後方、上方に向かってそれぞれお花を
さしました。

アランセラ アンブラック(赤)を入れていきます。
艶やかな赤で南国の雰囲気をたっぷり出してくれますね。
近「渋めの赤で黄色とのコントラストが強いお花です。
グロリオサよりは短めに、下に埋めるような感じで
2~3パーツにカットして使います。

ライン部分にもアンブラックを足して
全体に色が回るようにします。

オンシジューム(ハニードロップ)をたします。
細かいお花で、さらに空気感を演出!
近「赤リップのゴアラムゼイでも、アンブラックの赤と合います。
黄色リップのオンシだとより軽やかさが出ますよ

お花の流れに注意して、サイドから、後ろからと形をチェックしましょう。

利久草やリューカデンドロンで中をうめていきます。

どこから見てもいいように。前の長さもたっぷりと。

サイドもしっかりと入っています。

アスパラペラを準備。重くならないように余分なところはカットして。

アスパラペラを上からかけます。ベールのように…。

手で持つ部分に花材がかからないように、ゴットセフィアナで手元の上を押さえます。(ゲイラックスでもOK)

南国雰囲気たっぷりのシャワーブーケ。
スレンダーなカラードレスなどにお似合いですね。

ユリで作るよりとっても軽く、長持ちなんですよ(^^)

 

 

●関連するコンテンツ
ブーケホルダーを使ったブライダルブーケ | トロピカルアレンジ | 夏 フラワーアレンジ



 
 
 
 
 
- スポンサーリンク -