東京中央卸売市場に入荷する生花を全国へお届け!資材、プリザーブドも充実!

生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ

ようこそ

ゲスト 様

新規会員登録

カラフル☆トロピカルリース

Published at 2011/06/01 1:27:33
カラフル☆トロピカルリース
 

皆さん、初めまして!
フラワーアレンジ初挑戦のHANAKOです。
今回は私がうきうき☆花レシピを体験してレポートします。

 

夏のレッスンはやっぱりトロピカルな配色がGOOD!
タニワタリで側面を飾ることによって、
花材が少量でも豪華に見せることができます。

 

【アレンジ難易度】 ★☆☆☆☆ 初心者でも楽しめます!

【花材価格目安】5人で10000円(資材は除く)

★まずは企画販売をチェック!
レシピで使われているアイテムがお買い得になっているかも?


【使用アイテム】
・モカラ (ピンク、オレンジ、イエロー) 全部で5本
・アンスリューム 2本
・タニワタリ ・・2枚
・リューカデンドロ ・・1~2本


・オアシスリース ・・今回は直径20cmのリースを使用

他のレシピを見る。

オアシスリースは事前にお水に浸しておいて下さいね。 まずは、タニワタリを3枚オロシ(?)にします。 まずは、軸のすぐ横にハサミを入れて切ります。
HANAKO「これなら私でも出来ます~!」

反対側も軸のすぐ横で切ります。
1枚のタニワタリから2枚の葉が出来上がります。 ※軸の部分は今回は使いません

水に浸しておいたオアシスリースの側面に タニワタリの葉の切った面を下にして巻きます。
接続部分はホチキスで止めて固定します。

内側にも巻いてホチキスで止めます。

上に挿していく花材の配置を決めます。
今回はグラデーションになるようにします。

先生「じゃあ、アンスリュームの茎を切って下さい」 HANAKO「こ、このくらいの長さでいいですか?」
先生「もうちょっと短くていいわね」

挿します。
HANAKO「ひえぇ~ どの角度に挿せばいいんだろう? 先生お願いします。。。」
(写真は先生が挿しているところです ^^;)

モカラは緑の茎の部分を残すようにして切り分けます。 この部分を挿すときに使うんですね。

先生「お花のトップの部分が、挿したときにもトップに来るように挿すと美しくなります」
HANAKO「なるほど~!納得です」

他の色も同じように切って、挿して、切って、挿して。 最初はビビッていたHANAKOも すっかり慣れてなんだか楽しくなってきました うふ♪
最後のリューカデンドロまでGO!GO!GO!GO!

先生「ちょっと待ったぁ!」
HANAKO「えっ?私なにかやっちゃいました?」
先生「リューカデンドロの下の方の葉は取りましょう」 HANAKO「そっか、楊枝みたいになって挿しやすい」

HANAKO「せんせ~ 挿し終わりましたぁ!」

リューカデンドロをモカラの間にも入れてあげます。
グリーンの挿し色がモカラの華やかさを引き立てます!

先生「上からみてバランスをチェックして下さいね」

幅が細いと思う部分はお花をちょっと足してあげます

白い砂や貝殻、サンゴを周りに置いてあげると ますます気分が盛り上がりますよ。 なんならザルにお米を入れて波の音はどうでしょう?
あぁ、フラダンスが踊りたくなってきました♪ あろはぁ~♪
モカラの 鮮やかなトロピカル色を見ているだけで、 気分は南国!
暑さウェルカ~ム! そんな気分になっちゃいます。

●関連するコンテンツ
リース・ガーランドの作り方 | トロピカルアレンジ | 夏 フラワーアレンジ



 
 
 
 
 
- スポンサーリンク -