東京中央卸売市場に入荷する生花を全国へお届け!資材、プリザーブドも充実!

生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ

ようこそ

ゲスト 様

新規会員登録

初夏のイングリッシュローズ

Published at 2011/06/01 9:23:22
初夏のイングリッシュローズ
 

テーマ:初夏のバラ
副題 :ベースキャスケード  
色  :カラフルシック


●近藤先生より

クラシックなイングリッシュローズはやはり定番スタイルでいけた方が美しいと思います。葉ものを数種使うと変化がつきます。

★まずは企画販売をチェック!
レシピで使われているアイテムがお買い得になっているかも?

【使用アイテム】
・バラ アルンウィックキャッスル 
・バラ アンブリッジローズ
・バラ モリニュー
・アンティークアジサイ
・ ライラック白
・エレンダニカ
・アイビー
・天文草
(ユーカリやハゴロモジャスミンなど、何でも)

・花器(やや高めのクラシックな花器)
・吸水性スポンジ


他のレシピを見る。

花器のふちより3cmくらい高く、吸水性スポンジをセッティングします。

左から
・ライラック(白)
・バラ モリニュー
・バラ アルンウィックキャッスル
・バラ アンブリッジローズ
・SPバラ エクレール

・アンティーク アジサイ
・アイビー 斑入り
・エレンダニカ
・天文草
・グニユーカリ

まずはグリーンでアウトラインを作ります。
べースラインが下がるラウンド型ですので、グニユーカリや天文草などのやわらかい茎の素材を下がり気味に挿していきます。

四方見ですので、このように。

中には素材感の違う、グリーンも取り混ぜながら挿していきましょう。 画像はエレンダニカです。

アンブリッジローズを中心に1本。

下に下がるお花を中心に向かって挿していきます。

下がるお花と真ん中のアンブリッジローズをつなぐお花を挿します。
近藤「ライラックやアジサイなどのかたまりになっている花を先に挿しましょう。」

アジサイを挿します。

近藤「あとは、バラやグリーンなどで埋めていきましょう。」

近藤「四方見なので、向きを変えて丸くなるよう、チェックしながらね。」

グリーンは下側だけでなく、上にも挿してボリュームを出します。

 

イングリッシュローズをふんだんに使った贅沢なラウンドアレンジ♪
近藤「もっとバラが咲いてきたら、また印象が変わりますよ。 このように形や素材感の違う葉ものを数種使って生けると、変化がついて楽しいので、皆さんも試してみてください。」 徳久「クラシックな感じが美しいなあ。」
武石「高級感があってちょっと見敬遠しそうな感じするけど、ここに出ている花材は、全てはなどんやで定番商品ばかりなので、気軽に皆さんに試してほしいな♪」 ※ライラックなどの季節花材は、ご注意ください

●関連するコンテンツ
初夏 フラワーアレンジ



 
 
 
 
 
- スポンサーリンク -