東京中央卸売市場に入荷する生花を全国へお届け!資材、プリザーブドも充実!

生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ

ようこそ

ゲスト 様

新規会員登録

うきうき花レシピ 真っ赤なお花のテーブルアレンジ

Published at 2011/06/01 9:19:48
うきうき花レシピ 真っ赤なお花のテーブルアレンジ
 
テーマ:クリスマス
作品のイメージ:クリスマスアレンジ(卓上)色のイメージ:レッド

 

●近藤先生よりアドバイス
サンゴミズキの真っすぐな枝の線を生かします。
テーブルの中心に置く、ベーシックなクリスマスアレンジです。
意外に少量の花材で済むので、コスト的にもリーズナブルですよ(笑) ★まずは企画販売をチェック!
レシピで使われているアイテムがお買い得になっているかも?


【使用アイテム】

・ガーベラ(赤芯黒)・・・品種:レッドロック 
・スプレーバラ 赤
・クジャクヒバ
・サンゴミズキ
・リンゴ赤
・アランセラ アンブラック
・アイビー グリーン
・サンキライ
・あればクリスマスブッシュなど。

・オアシス
・花器(細長い花器。今回は長さ36m×幅6.5cmのを使用しました)
・キャンドル 2本 エンジ色 なんでも、細めのほうがきれい。
・資材の実も:シナモンスティック(白ラメ 2105-0-015)など。

 

左から ・キャンドル ・花器(オアシスセット済み。オアシスは花器のふちと同じ高さ) ・アイビーグリーン ・姫りんご ・サンキライ(赤) ・ガーベラ レッドロック ・スプレーバラ(赤) ・アンブラック ・サンゴミズキ ・クジャクヒバ

オアシスをセッティングした花器の上にサンゴミズキの上の方の部分をカットして、2~3本束ねたものを先端を外に向けて、右と左に留めつけます。

Uピン状にしたワイヤーで留めつけます。

ろうそくは画像のように#18のワイヤーの短くカットしたものをセロテープなどで留めてからオアシスに挿すと安定して挿せます。 以前にもやったテクニックですね♪
※実はこの時、武石がワイヤーをキャンドルにつけたのですが、誤まってボキッとキャンドルを折ってしまいました。皆さんもキャンドルが折れないように力加減注意しましょう~。
(多分バカぢからの私だけだと思いますが、、、先生ごめんなさあい!)

2本のキャンドルを2か所に。
花を挿し始める前に位置を決めて挿しておきます。

クジャクヒバは枝分かれしているところから切って使うくらいの長さで十分です。
近藤「挿すとき挿しにくいのでささる部分の葉は取り去ります。」

端と端から始めて、グリーンでアウトラインをとっていきます。

近藤「とりあえずグリーンで全体を埋めていきます。」

近藤「武石さんもやってみよう~。端からきて中心でつないでいく感じでね。」
武石「はい、あ~先生みたいに早くできない~。」

近藤「サンゴミズキの上の部分はさっき使ったので、今度は下の部分を使います。 枝の部分はカットして、棒状にします。アクセントにサンゴミズキを短く切って、束ねて、まきのようなイメージで中心に置いてみようと思っています。」

長さは花器の大きさにもよるけど、大体10cm前後。

近藤「中心にこんなイメージに置きたいの。」
こうすれば足元の太い部分も、ムダなく使えるでしょ?
徳「なるほど~使えない部分もちょっとの工夫でカワイイアクセサリになるんですね!」

まずは下にくる束から。 2~3本を束ねたものを、 Uピン状にしたワイヤーで固定します。

もう一束は、3~4本を束ねたものをひもやラフィアで巻いたものを作ります。ナチュラル感のあるラフィアや麻紐などで巻くと雰囲気がでますね。

Uピン状にしたワイヤーをラフィアに通します。

そして、上から挿すだけ。薪みたいでかわいいでしょ♪ 暖炉のようなイメージも湧いて、季節感たっぷりです。

リンゴはワイヤーを挿しておきます。
近「ワイヤーよりも爪楊枝があれば太さもちょうど良いし便利!そのまま捨てられますしね。」

リンゴ、ガーベラを挿します。
近藤「姫リンゴと濃い赤のガーベラのはクリスマスにかかせない素材だね。」

ガーベラは中心のは短めに外側のは外に広がる感じに挿しました。

アンブラックは先端部分は両サイドに。 真ん中部分は 短く切り分けて、埋めるように挿します。
近藤「小さく使うので、1本か2本で十分ですね。」

スプレーバラ赤も短くカットして使うので、2本で十分でした。

アイビーグリーンを挿します。
近藤「這わせるような感じに挿してね。これも1~2本あれば十分。」

クリスマスっぽい実ものなどを挿してみよう~。
近藤「スターアニスを挿すことにしました。茶色のワイヤーなら尚GOODです。」

シナモンスティックもワイヤリングします。 立ててさすので、足元のほうをワイヤリングして。
近藤「ちょっと添える程度でいいです。もちろん、お好みで松かさやコットン、キラキラ系なんて入れても良いですよ。」

こんな感じになりました~。

今年のサンキライはまだ赤くなってないので、去年のとっといたものを使いました。(ちなみに乾燥してます。)

ほら、クリスマスっぽいでしょ?

クリスマスには是非!こんなテーブルアレンジを飾って、 パーティしてくださいね!! 近藤「赤と緑で本当にシンプル。でもあまり凝らないで、ベーシックなものが一番クリスマスっぽくて良いんです。今回お花をガーベラにしましたが、予算にあえば、ガーベラを赤バラにしても良いですよ。」
徳久「クリスマスソングが聴こえてきそう~。」
武石「唄ってあげようか?」
徳久「・・・・・・。」

 

●関連するコンテンツ
クリスマスリース・フラワーアレンジの作り方 | 秋 10月のフラワーアレンジ



 
 
 
 
 
- スポンサーリンク -