東京中央卸売市場に入荷する生花を全国へお届け!資材、プリザーブドも充実!

生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ

ようこそ

ゲスト 様

新規会員登録

舞~若松とレッドウィローのお正月アレンジ - うきうき花レシピ

Published at 2011/05/31 18:43:25
舞~若松とレッドウィローのお正月アレンジ - うきうき花レシピ
 

テーマ : お正月
作品のイメージ : 松の上に花が踊るように♪

【近藤先生からのアドバイス 】
・若松を使って花留めをするエコスタイル!
・花は茎に「しなり」のあるものを使って動きをつける。

★まずは企画販売をチェック!
レシピで使われているアイテムがお買い得になっているかも?


【使用アイテム】
・若松
・クリスタルブラッシュ
・レッドウィロー

・花器(お正月っぽい柄の物を使いました。)

他のレシピを見る。

今回の材料。左から ・若松 ・カラークリスタルブラッシュ ・レッドウィロー ・(後ほど飛び入りで南天の実)

★オアシスは使用しません。若松を花留めにします。
若松を花器の上から少しでるくらいの長さでカット。同じくらいの高さにして花器につめていきます。
※ちなみに花器の中には水が入っています。

近藤「はい、ここからは武石さんどうぞ!」
武石「はい、挑戦します!」

1本基本の長さのものを決めて、それに合わせてカットしていきます。

近藤「若松のあたまの高さをそろえてくださいね~」
武石「いてっ!」

近藤「ちゃんと角刈りになってるかなあ~?」
武石「すばらしい~角刈りになっております!」

カラーを挿します。
近藤「カラーをダンスするように挿してくださいね。」
カラーは大きいものより、ミニカラーが茎がしなやかで良いですね。ピンクのものもありますよね。

カラーは少し矯めてから自分で好みのカーブをつけてから扱うと、ダンスするように挿すことが出来ます。
矯めのポイント!親指と親指がなるべく離れないように、やさしく少しずつ曲げていきましょう。

近藤「これは悪い例です。手と手が離れてしまうと、抑えてない部分が無防備になり、そこから折れてしまうことがあるので、気をつけましょう。」

カラーをダンスするようにね~

ただ、松葉にひっかけて、挿しているだけです。
ところどころ、カラーが交差して、軽やかにダンスしてますね♪

レッドウィローも矯めてから使います。
近藤「レッドウィローは良く曲がるので好きです。サンゴミズキより細く、扱いやすい!」
5~6本、細い部分を束ねて、グルグルっと思いっきり、矯めてます!

近藤先生がくせをつけたものを、挿す前に、再び、カービング具合を整えてから、挿します。

武石「レッドウィローってほんとに丈夫だなあ。」

近藤「武石さんの好きなところに挿してみて」
武石「このへんにあるといいかな?」

このままでもグー!

このままでもグー!

見てみて、本当に挿しただけなんです。
とっても簡単!

カラーとレッドウィローがリズミカルに交差して入っています。まさに 題名通り、舞っております。
オアシスを使わず、エコな花留めで、アーバンスタイルなお正月を表現してみました。
もうひとつ対になる感じで、ピンクのカラーバージョンも作れば、紅白でめでたさも倍増するかも!
★お買い得アイテム満載の企画ページもご覧くださいね!

●関連するコンテンツ
花留めを工夫したフラワーアレンジ | お正月フラワーアレンジの作り方 | 冬 12月のフラワーアレンジ | 和風アレンジの作り方



 
 
 
 
 
- スポンサーリンク -