東京中央卸売市場に入荷する生花を全国へお届け!資材、プリザーブドも充実!

生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ

ようこそ

ゲスト 様

新規会員登録

青木園芸さんの花材購入はこちら

千葉県の青木園芸さんにお邪魔して参りました。<動画レポートはこちら>
当日はあいにく曇りでしたが、こんな天気こそアジサイ日和~♪
目指す青木さんのハウスは遠くに見えるひときわ大きなハウスの一群でした。



左が社長の青木良平さん。右がお父様。(と、はなどんやスタッフ松村^^;)
 


青木園芸さんはもともとは米農家から始まり、お父さんの代でカスミ草などの切り花栽培を始められました。
アジサイとの出会いはオランダの花の祭典「フロリアード」での出会いがきっかけでした。

「アジサイって、「何色」って単純に言えない花でしょう?時期によっても違うし、1本1本の違いもあります。
もう本当にたくさんの色があるんです!
本当はみなさんに、見て好きな色を買って頂きたいのですが・・・
なかなかそういうわけにもいかないので(^^;)アジサイという花の魅力であり難しいところだと思ってます」

アジサイという花のバリエーションの豊かさ、畑の様子をなどが皆様に伝われば嬉しいですね。

  

たとえばこのアジサイ「オーシャン」、一枚の写真の中に写っているアジサイは
これですべて同じ株、同じ品種。色変わりってスゴイ!




これも同じ品種。「クリスタル」桃色、紫、青・・・単純には言い表すことができない、
複雑な色のグラデーション。色見本を見ているかのような美しさでした~(><)





アジサイに囲まれる武石店長。
本日だけ特別に、「アジサイ狩り」をさせて頂きました。「セレブのお買いものみたい♪」とご機嫌な様子。




「アジサイは、つぼみで出荷しなくてはいけない花と違って、畑でその美しさを楽しめるのも良いですね。」と青木さん。
確かに、大輪の花のいっぱいのハウスは圧巻!アジサイの観光地も超える迫力でした。




青木さんは毎年さまざまな品種にもチャレンジされています。
「夢、というとちょっと大げさですが「さくら色」のアジサイ品種を作ってみたいと思ってます。
淡いピンク、っていうのはありますけど、もっともっと薄~い本当のさくら色のアジサイを作れたらいいな~と。」

想像しただけでも、すてきですね。

青木園芸さんのアジサイはここれから6~8月が年間出荷ピークを迎え
特に7月は色、品種ともに大変豊富なおすすめシーズンです。
また、ブラックベリーやクチナシなども現在販売中ですので、ぜひ合わせてご利用頂ければと思います!
ご購入はこちらから

<動画レポートはこちら>







- スポンサーリンク -